女性はヘアケアで美しくなれる

私は若い頃は、黒くてストレートの髪が自慢でした。逆に言うと、パーマをかけてもすぐにとれてしまったり、染めても上手く染まらなかったりして仕方がないので、自分の髪の特性を生かしたヘアスタイルにしていたわけです。

これが髪にはよかったのか、枝毛や切れ毛がほとんどなかったですし、頭皮が荒れたりすることもほとんどありませんでした。ヘアケアといって、毎日のシャンプーとコンディショナー、気が向けばパックという程度だったのです。

20代の頃はこれでよかったのですが、出産後、子育てに追われてさらにヘアケアは怠りがちに。それに、ホルモンバランスなどもかわったのか、30代半ばを過ぎた頃には、髪は、パサパサ、枝毛や切れ毛も増えたのでした。そこで、黒髪ロングはやめて、思い切ってボブにしたのですが、これが評判がよくない。そこで今は女性用のヘアケア用品を用いて髪を伸ばし中です。

多くの女性が、肌の紫外線ケアはしていると思いますが、髪にまでは注意がいかないようで、私もそうでした。夏の暑い時期、直射日光の当たる下で髪の毛は、焼かれ続けていたのです。今となっては後の祭り、あの頃に戻れるのであれば、髪もしっかりUVケアをすることでしょう。

しかし、髪は肌とは違って、抜けては落ちると根元から本当に新しく生まれ変わります。つまり、今からきちんと女性用のヘアケア用品を使ってケアすれば、どうにかなるとポジティブに考えて、そうすることにしたのです。

まずはシャンプーから見直しました。ブラシのようなもので洗うのをやめて、指の腹でマッサージするような洗い方に変更、すすぎも充分な時間をとって、しっかりとシャンプーを落とすようにしました。

それと、気が向いた時だけやっていたパックも、3日に1回にし、自然乾燥をドライヤーできっちり乾かすようにしたのです。すると、パサつきがちだった髪の毛が気持ちしっとりするようになり、枝毛や切れ毛も目立たなくなったのです。なにより主人に「髪がきれいになった、美容院に行った?」と言われたことが一番うれしかったです。

これからもしっかりヘアケアを続けて若い頃のようなサラサラ黒髪ロングを目指します。